2010年07月10日

松田牧場へジェラートを食べに

■午前中に畑と川の土手の草取り

してエネルギーを消費したので、濃厚なアイスクリームを食べたくなりました。近所にあるアイスクリーム(ジェラート)屋さんは、2ヶ所。安富牧場まつだ牧場です。

安富牧場はママチャリでも行けるところにあり、まつだ牧場はまだ行ったことがない。「それならまつだ牧場でしょう」と、ロードバイクで出かけることにしました。途中まではよく行く勝尾峠8kmで楽勝。そこからまつだ牧場までさらに4km。まあ大したことないと16時過ぎに出発しました。

勝尾峠から先はすげー急勾配。ミルクと甘夏ミカンのダブルコーン360円を食べました。甘くておいしかったですが、3つくらい食べないとエネルギー補給が足りませんねぇ。自転車で行くなら、御津・空港線から入った方がよいと思います。(それでも相当な上りだと思いますけど。)

posted by ピカリ入道 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2010年05月16日

2010 ツール・ド・大山

■雨模様の天気予報でしたが、

きれいに晴れました。スタート時刻の10時が近づくにつれ、徐々に気温が上昇し、半袖ジャージにアームウォーマ、レーパンでスタートできました。

今年の目標は「脚が攣らないこと」でしたが、残念ながら第2チェックポイントの船上山への上りで攣ってしまいました。攣った筋肉をかばうもんだから、別の筋肉が攣り、...と負のスパイラルに陥り、第3チェックポイントの香取に着くまでに前回以上にひどい状態になってしまいました。補給は十分に摂ったつもりなんですけど。

幸い、足が攣った状態でもそこそこに走れる技術が向上したもので、今回も完走することができました。

前説風景「脚がツール・ド・大山」第1チェックポイントの鏡ヶ成への上り第1チェックポイントの鏡ヶ成

■次回の参加に備えて、注意事項を列挙してみると、

  1. 岡山自動車道の岡山総社ICから普通の速度で走って、2時間あればスタート地点に到着できます。
  2. 8:30までに現地入りすれば、ホワイトパレス前の駐車場に入れそうです。遅れても道路を挟んで向かいの駐車場に入れますので問題ないです。
  3. 平年並みの気温とある程度の日照があれば、半袖ジャージにアームウォーマでOKです。それで寒ければウィンドブレーカーを羽織ります。下は膝上のレーパンでOKです。
  4. ブユ(ブヨ、ブト)には要注意。虫除けスプレーが必須です。スタート前に脚につけておきましょう。
  5. 今回、補給食に制限がありました。一人どら焼き3個、バナナ2本まで。水と梅干は無制限でした。場合によっては不足するので自前で用意しましょう。
  6. 途中チェックポイント以外の補給箇所はないように思います。自動販売機もほとんど見当たりません。
  7. スタート順はゼッケン番号順に20名ずつ、1分おきです。ゼッケン順は郵便番号順です。
  8. 溝口までの下りにある波状道路は冗談抜きに飛びます。フレームの性能試験をしないように。
  9. 第1チェックポイントの鏡ヶ成までは上りの距離は24kmと長いですが、一定のペースで上ればそんなにきつくないです。最後の2kmほどがちょっときついだけ。完走を目指すのでしたら、鏡ヶ成までは頑張らない方がいいです。
  10. 一息坂峠展望台から第3チェックポイントの香取までが一番きついです。特に第3チェックポイントが見えてからはまっすぐにキツイ斜度が続きます。
  11. 第3チェックポイントの香取を過ぎたら、思いのほか早くゴールできます。
  12. ホワイトパレスでお風呂に入れます。一人300円。さっぱりしてから帰りましょう。

■リンク

posted by ピカリ入道 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2010年04月10日

醍醐桜ライド

■シーズンの始まりはいつも醍醐桜ということで、

今年も超満開の期待が高まります。ちょっと天気は曇り気味ですが、雨の心配はなさそう。
昨年、最後の上りでみんなバテたので、今年は少し楽なコースにしました。

集合地点の旧・建部町まで、自走しました。集合地点まで約25km、峠が2つあります。
旧・建部町からは旭川をさかのぼり、旧・落合町からは国道313号線を西に走り、道の駅「醍醐の里」を過ぎてから、右折して山間に入ります。

昨年ほどの車の渋滞もなく、あきらめて歩いて登る人も少なかったので、昨年よりも走りやすかったですが、右側通行を余儀なくされました。

いつもどおり最後の1kmは苦しみましたが、人を通すために一度足をついただけで上ることができました。ああ、今年もまた自転車で走れてうれしいです。

今年の醍醐桜は昨年以上に満開で、すばらしいものでした。

醍醐桜は今年も満開

posted by ピカリ入道 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2010年03月13日

うどんサイクリング

■高松行きのフェリーが廃止になると聞いたので

こりゃ早く讃岐へうどんを食いに行かにゃーと、会社の自転車仲間と「うどんサイクリング」を計画しました。香川に詳しいメンバーに企画してもらったので、おいしいうどんが食べられそうです。

7時発の四国フェリーで宇野港から高松港へ渡り、空の様子を気にしながら、1軒目のうどん屋さん「たも屋」さんへ。朝の8時ということもあり待ち時間なしで熱いカケを一玉に、ついてんぷらをトッピング。こりゃ失敗。

続いて「池上製麺所」さん。開店前の10時前に到着しましたが、すでに待ち行列ができていました。この頃からちょっと空模様が怪しくなってきました。冷たい麺一玉に熱いダシをかけて軽〜く一杯。うん、うまい。

ついに雨が降ってきました。本降りです。途中雨宿りしましたが、3軒目は12時を回ると待ち時間が尋常ではないそうなので、意を決して雨の中を出発。

雨の中3軒目の「山越うどん」さんの長蛇の列に並びました。どこが店の入り口なのか分からないまま、お店から借りた傘をさして、かれこれ1時間も待ったでしょうか、やっとお店に入れました。十数秒おきにオーダーを聞いてこれだけの時間待ったのですからいったい何人並んでたんでしょうね。釜上げ卵うどん(通称かまたま)一玉を堪能。うむ、ここはうまい。待っただけはある。

■4軒の計画でしたが

雨で3軒に短縮、コースも計画をショートカットしてJR高松駅へ向かいました。「山越うどん」さんでかまたまを食べているうちに雨もやみ、高松駅に着いたら日も差してきました。キオスクのおばちゃんには「サイクリングですか、晴れてよかったですね」と言われて、ガックリ、もう終わりだよ〜。今度は晴れたときに来たいものです。幸い、フェリーの廃止も延期されましたしね。

香川での走行距離は約58kmでした。(ルートマップは計画時のものです。)
posted by ピカリ入道 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2010年01月04日

初ライド

■新年最初はよりによって鬼ノ城とは

しょっぱなから何とキツイことか。二十数年前にランドナーで上って以来、敬遠してきた鬼ノ城に新年早々上ることになりました。

自転車仲間と約束したとおり、9時に砂川公園を出発。私だけがロードバイクで、ほかの 3人はMTBです。途中キツイ坂があると記憶していましたが、実際に行ってみると思った以上にキツイ。こりゃ 10%を超えてます。雑煮でなまった体にはちときつすぎ、ダンシングで腕がもたない。何度も足をついてしまいました。

それでも何とか鬼ノ城の駐車場までたどり着き、ここから先の岩屋までは単独で走りました。ロードバイクを押して、岩屋寺まで詣で、キーンと澄んだ正月の朝の空気を満喫しました。

鬼の差上岩岩屋寺毘沙門天


より大きな地図で 鬼ノ城・岩屋 を表示
posted by ピカリ入道 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2009年12月31日

Polar S710修理

■ずいぶん外観が変わってしまいました

ちょっと前ですが、Polar S710をポラールサービスセンターに修理依頼しました。

カバーガラスにひびが入り、ケイデンスやトリップが見えなくて困っていました。またベルトの穴が破れていました。ロードバイクで走るときは必需品なので、今シーズンの行事が一通り終わるまで待っていました。

12/7の夜にコンビニから宅配便で発送し、ポラールサービスセンターから見積のメールがあったのが 12/10、修理品が自宅に届いたのが 12/15です。見積に対する私の返事が2日遅れたので、実質的には 1週間かかっていません。意外と早かったです。

参考までに費用は次のとおりです。
  • カバーガラスの交換 9,450円
  • ベルトの交換 2,940円
  • 電池交換 無償サービス(電池交換は依頼していませんでしたが、無償で交換してくれました)
  • 代引手数料 無料
合計 12,390円でした。

カバーガラスは今回で 2回目の交換です。オリジナルの S710とは外観が大きく変わってしまいました。カバーはピカピカになったし、ベルトはグレーになりました。

Polar S710
posted by ピカリ入道 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2009年12月13日

Windows7でMFC-610CLNを使う

■プリンタドライバをインストールする

うちのMFC-610CLNはネットワークで接続しています。詳しい操作を忘れてしまいましたが、おおよそ次の手順でプリンタドライバを正常にインストールできました。
メーカーサイトからプログラムをダウンロードする必要はありません。また古いOS用のCD-ROMは使いません。
  1. 管理者ユーザでログイン
  2. スタート--デバイスとプリンタ
  3. [プリンタの追加]
  4. ->ネットワーク、ワイヤレスまたはBluetoothプリンタを追加します
  5. WindowsUpdateして、「MFC-610CLN USB」を選択する
  6. ポートをチェックして、プリンタ名を「MFC-610CLN LAN」と変更する
こんな感じでうまく行ってます。

■スキャンドライバとユーティリティをインストールする

年賀状を作る時期が近づいていますので、何とかスキャナの機能を動かさないと困るなぁ。
以前やってうまく行かなかったので、もう一度チャレンジしてみました。
  1. ブラザーのサイトからMFC-610CLN Windows Vista用の「フルパッケージダウンロード【推奨】」のファイルをダウンロードします
  2. 「Setup.exe」を実行して、ファイルを展開します。
  3. 展開したファイルの「Setup610CLN\Jpn\Setup.exe」を右クリックしてプロパティを開きます。
  4. 「互換性」タブを開き、互換性モードを「Windows Vista (SP2)」に設定します。
  5. 「Setup610CLN\Jpn\Setup.exe」を実行します。
  6. ◎ネットワーク接続 □カスタム をチェックして、[次へ>]をクリックします。
  7. □ネットワークスキャナドライバ □ControlCenter3 をチェックして、[次へ>]をクリックします。
  8. 以下省略
これでうまく動いています。

ご自分の責任でやってください。うまく行かなかったらごめんなさい。
posted by ピカリ入道 at 20:40| Comment(2) | TrackBack(0) | コンピュータ

2009年10月12日

天満屋ハピータウンカップサイクル耐久レース

■2人で6時間

ちょっとしたアクシデントで、6時間チームオープンを 2人で走ることになりました。昨年(2008年)は息子と 2人で 3時間走りましたが、息が整う間もなく自分の番が回ってくるので、すご〜くしんどかった記憶があります。今年はそれが 6時間も続くのです。

6時過ぎにサーキットの駐車場に到着しました。荷物はリュックサックとクーラーボックスと自転車の 3つにまとめて、一度に運びます。荷物を取りに何往復もすると陸橋の渋滞に巻き込まれて、7時からの試走ができなくなるおそれがあります。ピットはすでに場所取りされていて、空いているところはありませんでした。今回はBパドックにタープを張るつもりだったのであわてることはありません。シートを敷いて場所取りしました。

7時から受付となっていましたが、6:50頃から受け付けてくれました。早めに受付をすませて、試走を開始、ウオーミングアップを兼ねて、5周ほど走りました。アームウォーマとタイツ、ジャージにTシャツを重ね着して走りましたが、肌寒いくらいでした。

10時スタートから、初回 3周、2回目から 5周と連続周回数を増やして、2時間、3時間がゴールするピット封鎖をうまくやり過ごし(この辺りは手慣れたもの)、3時間目に突入した頃から 2人の脚にトラブルが発生し、3時間以降失速してしまいました。やはり 2人で 6時間は長かった。

■めっちゃ疲れたよお

ハピータウンカップは参加 3回ですが、今までで一番疲れた、疲れ切ったレースでした。ソロで 6時間走り続け、しかも僕らよりも速く走る人たちはホントすごいなあと感心するばかりです。当分レーススピードで走るのはよして、ゆっくりに徹したいと思います。はぁ〜、疲れたぁ。
posted by ピカリ入道 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2009年08月02日

夏休みファミリーキャンプ2009

■バンガローなんだけど

2009.07.30(木)〜08.01(土)の2泊3日、家族で大芦高原温泉「雲海」へ行きました。湖畔バンガロー1棟(定員6名)を借りたので、キャンプと言っていいのか、旅行と言うべきなのか。

「雲海」には湖畔バンガロー10棟は新しくてきれいです。文字通り湖畔に並んで建っているので、夜の雰囲気は抜群にきれいです。トイレの鍵が壊れていたり、冷蔵庫が冷えなかったり、食器にひびが入っていたり、てな小さなトラブルはありますが、快適に使用できます。
# といってもうちは昨年も今年も6号棟なんですけど。

湖畔バンガローの他に、世界のバンガロー10棟があります。いろんな国をイメージした建物です。こっちは中に古い建物があるようですので、予約の際はご注意を。

■メニューは定番のバーベキュー

初日は定番のバーベキューでキャンプの幕が開きました。バンガローに車を横付けできますので、機材を運ぶのは楽です。普通車なら3台まで駐車できます。

駐車スペースの横にテーブルがあります。何とか見える程度の外灯もあります。直火は禁止ですので、テーブルに2口ガソリンコンロを置いて、鉄板焼きしました。夫婦そろってビールで乾杯できるのはうれしいですね。いつもはどちらかが車の運転でがまんしてますから。

食事の後は、ふれあい交流館あいだの温泉に行きます。

■曇り空はアウトドアに最適

2日目の午前中テニスコートを1面予約しました。テニスコートはオムニコートが8面あります。ナイター設備もあります。きれいです。

隣のコートでは大阪の高校のテニス部が合宿中でした。うちはソフトテニス部が3人と、元・軟庭部が1人います。昔は「軟庭」って呼んでいたのですが、今はかっこよく「ソフトテニス」なんですね。ルールも変わっていて元・軟庭部には訳分からん。雨の心配はなさそうな曇天で、暑くなくてラッキー。昔の木のラケットはガットがゆるゆるで、思いっきりひっぱたいても飛ばない。娘のラケット借りましたが、な、何て打ち易いんだ。3時間思いっきり体を動かしました。たぶん筋肉痛になるぞ。

2日目の朝食はオープンサンド、昼食は焼きそば、夕食はカレー。

■雨でグラウンドゴルフ中止、映画鑑賞に変更

3日目の午前中はグラウンドゴルフの予定でしたが、雨で中止。早々に「雲海」を後にし、車の中でおにぎりを食べながらお昼過ぎに帰宅し、荷物を下ろして、洗濯物をカゴに放り込みました。インターネットでMOVIX倉敷のチケットを予約し、イオン倉敷へ。

3日目の朝食はホットケーキ、昼食はおにぎり、夕食は餃子の王将。

最後の日は予定外になりましたが、今年もめちゃ楽しい夏休みを過ごすことができました。それにしても大芦高原は涼しかった。

夜の大芦高原
posted by ピカリ入道 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2009年07月26日

ミッドナイト・エンデューロ2009

■天気予報は雨

昨年までの8月後半から、7月終わりに日程が変わったため、梅雨の影響をもろに受けてしまいました。でもなぜか「絶対雨は降らない」という気がします。
14時にサーキット入り。雨模様のためか、出足が遅い。ピット争奪合戦も始まっていません。17時まではピットはおろかパドックにも場所取りしてはダメってのが主催者からの指示でしたが、守っている人は直接注意された人だけなので、効果なし。うちのチームもパドックにテントを立てて、とりあえず雨をしのぐ場所を確保しました。荷物を雨ざらしにできないですからね、やむを得ません。

■エントリー数が昨年より減ってるって

参加者リストを見ると、昨年よりも減っています。10時間オープンA(ロードバイク)が110チームから97チームに、10時間MTBが16から6チームに減っています。昨年穴場だったオープンBは若干増えて13から16チームに。全体としては減少傾向。日程が7月になったためかな。

■やっぱり10時間は長いわ

あれほど超えられなかったチーム平均速度30kmは楽に達成できるようになったけど、一人当たりの連続周回数は増えないねぇ。5周行けないもんね。ひとり3周で交代していくのが普通になっちゃいましたね。4周以上に挑戦する気持ちが出ない。

4時間クラスがゴールするときのピットロード閉鎖もうまく選手交代できたし、ピット作業もあれこれ言わなくても無線タグの付け外しをスムーズにできるし、初出場のときから言えば慣れちゃった。ドキドキ感がなくなっちゃった。

それでも10時間は長かった。幸いラスト1時間でぽつりぽつり雨が降ってきたけど、気にするほどのこともなく、「絶対に雨は降らない」の思い通りになりました。

今年は脚も攣らず、誰も転倒することもなく、マシントラブルもなく、無事終了。終わってしまえば真夏の夜の夢のごとく、つらかった気持ちは達成感とともに空のかなたに消えていきました。

さあスタートだ真夜中のピットは静かです
posted by ピカリ入道 at 20:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 自転車