2009年08月02日

夏休みファミリーキャンプ2009

■バンガローなんだけど

2009.07.30(木)〜08.01(土)の2泊3日、家族で大芦高原温泉「雲海」へ行きました。湖畔バンガロー1棟(定員6名)を借りたので、キャンプと言っていいのか、旅行と言うべきなのか。

「雲海」には湖畔バンガロー10棟は新しくてきれいです。文字通り湖畔に並んで建っているので、夜の雰囲気は抜群にきれいです。トイレの鍵が壊れていたり、冷蔵庫が冷えなかったり、食器にひびが入っていたり、てな小さなトラブルはありますが、快適に使用できます。
# といってもうちは昨年も今年も6号棟なんですけど。

湖畔バンガローの他に、世界のバンガロー10棟があります。いろんな国をイメージした建物です。こっちは中に古い建物があるようですので、予約の際はご注意を。

■メニューは定番のバーベキュー

初日は定番のバーベキューでキャンプの幕が開きました。バンガローに車を横付けできますので、機材を運ぶのは楽です。普通車なら3台まで駐車できます。

駐車スペースの横にテーブルがあります。何とか見える程度の外灯もあります。直火は禁止ですので、テーブルに2口ガソリンコンロを置いて、鉄板焼きしました。夫婦そろってビールで乾杯できるのはうれしいですね。いつもはどちらかが車の運転でがまんしてますから。

食事の後は、ふれあい交流館あいだの温泉に行きます。

■曇り空はアウトドアに最適

2日目の午前中テニスコートを1面予約しました。テニスコートはオムニコートが8面あります。ナイター設備もあります。きれいです。

隣のコートでは大阪の高校のテニス部が合宿中でした。うちはソフトテニス部が3人と、元・軟庭部が1人います。昔は「軟庭」って呼んでいたのですが、今はかっこよく「ソフトテニス」なんですね。ルールも変わっていて元・軟庭部には訳分からん。雨の心配はなさそうな曇天で、暑くなくてラッキー。昔の木のラケットはガットがゆるゆるで、思いっきりひっぱたいても飛ばない。娘のラケット借りましたが、な、何て打ち易いんだ。3時間思いっきり体を動かしました。たぶん筋肉痛になるぞ。

2日目の朝食はオープンサンド、昼食は焼きそば、夕食はカレー。

■雨でグラウンドゴルフ中止、映画鑑賞に変更

3日目の午前中はグラウンドゴルフの予定でしたが、雨で中止。早々に「雲海」を後にし、車の中でおにぎりを食べながらお昼過ぎに帰宅し、荷物を下ろして、洗濯物をカゴに放り込みました。インターネットでMOVIX倉敷のチケットを予約し、イオン倉敷へ。

3日目の朝食はホットケーキ、昼食はおにぎり、夕食は餃子の王将。

最後の日は予定外になりましたが、今年もめちゃ楽しい夏休みを過ごすことができました。それにしても大芦高原は涼しかった。

夜の大芦高原
posted by ピカリ入道 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2008年05月06日

森林浴

■県立森林公園から日本海が見えました

GW最後の日、家族4人で岡山県立森林公園へ行きました。管理事務所で地図をもらい、ミズバショウが咲いていると聞いていたので、水辺を中心に奥に歩いていき、熊押し滝へ向かいました。歩き始めたのが10時半を回っていたので、ぶなの平、奥ぶなの平を通る辺りで11時半、子供たちが「弁当、弁当」のかけ声。すずのこ平が眺望がよいと地図に書いてあったので、そこまでがまんしました。

すずのこ平は評判通り眺望が開け、大山と日本海が見えました。また海岸近くに並ぶ風力発電の風車がはっきり見えました。苦労して登ってきた甲斐がありました。お弁当をおいしくいただきました。

すずのこ平からは尾根伝いに下ったり登ったりを繰り返しながら、もみじ平、
千軒平と進みます。高い樹木が切れたところから南北に展望が開けます。ウグイスの声が響きます。うまい声、へたな声が入り交じります。うまい声には「座布団1枚」、へたな声には「いまいち」と叫びます。適度に木々の日陰があって、涼しい風が吹き、快適に歩けました。

GWとあってか、多くの人とすれ違いました。若い人よりも年輩のカップルが多いですねぇ。家族連れは尾根筋のコースは少ないようです。上り下りが繰り返すので、小学校前の小さい子供は無理かな。

千軒平を過ぎたところから尾根を離れ、もみじ滝へ下りました。最後は広い道に沿って管理棟へ戻っていくと、ミズバショウが群生している場所がありました。白い花がちょうど見頃でラッキーでした。

熊押し滝ぶなの平ずずのこ平から尾根筋の道千軒平もみじ滝ミズバショウ
posted by ピカリ入道 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2007年11月04日

第2回吉備路ウォーキング大会

■吉備路を20km歩きました

まなびピア岡山の一環で開催された「第2回吉備路ウォーキング大会20kmコース」に家族で参加しました。

JR足守駅→血吸川→奥坂→鬼城山ビジターセンター→鬼城西門→鬼城南門→鬼城東門→鬼城北門→鬼城山ビジターセンター→砂川公園→JR服部駅→金龍寺→備中国分寺→おもてなしの館(20km)

8時過ぎに足守駅で受け付けをしました。あらかじめ参加費を払っていた人には、ゴールでの大鍋食事券、バッチ、方位磁石、地図、スポーツドリンク 500mlなどが渡されました。当日参加の人は無料ですが、何も出ません。それにしても参加者は年輩の人ばかり、子供はうちの4人だけです。20kmコー スに中学生が参加したのは初めてだそうです。# といっても開催2回目だよ。

9時ちょうど、足守駅を出発、はっ、速い、歩くのが。普通に歩いていたのでは、どんどん抜かれます。こんなペースで20km行くのか。う〜む、ちょっとやばいぞ。先頭と最後尾に係員がついて、その間を参加者が歩く集団歩行です。

奥坂から上り坂が始まります。さすがに歩く速度が落ちて、我々若人はホッと一息つけました。
鬼城山ビジターセンターに到着したのは11時頃。おなかが減ったなぁ。鬼城山を左回りに進みます。いつお昼ご飯なんだ?

ご飯を食べて12時15分頃、砂川公園へ出発しました。鬼城山から砂川公園までは道幅が細いので、車が来ると避けないといけません。この時期、結構車が多いです。さぞや迷惑だろうなぁ。

砂川公園で休憩かという期待ははかなく崩れ、ゴール目指して黙々と歩きます。本当に年輩の人は強いねぇと感心しました。ずっと若い子供たちも元気。中間の40代が一番ダメか。自転車の筋肉は歩くのには役に立たないと分かりました。

午後3時ちょうどにゴールに到着しました。きび大鍋を食べ、安富牧場のソフトクリームを食べホッと一息つきました。

歩くのはもうこりごりだの一日でした。足が痛いけど、気持ちよかったからまぁいいか。

血吸川を進む鬼城山から血吸川方面
東門と北門の間備中国分寺
posted by ピカリ入道 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2007年07月01日

シエンタ

■シエンタが納車されました

セレナの後釜として、シエンタを購入しました。乗車定員は7名、3列シートです。2列目、3列めを折り畳めば、自転車を2台積むことができます。注文する前にディーラーまで自転車で行って、実際に積んでみました。

前輪を外し、後輪は付けたままで、正立状態で積みます。ミノウラのVERGOを使います。車の前後と自転車の前後は同じ方向です。自転車2台室内に積んで、2名が移動することができます。

2列目席の座面を立て、背もたれを前に傾けた状態で、ホイールベース970mm、ホイール700Cの自転車をギリギリで積めます。MTBなどホイールベースがもっと長いものを積む場合は、2列目を前に寄せた状態で背もたれを水平に倒し、背もたれの上にフォークを乗せます。チェンホイールがヘッドレストに当たるので外す必要があります。

■リンク:

posted by ピカリ入道 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2007年06月16日

セレナ故障

■12年間愛用してきたニッサンセレナが故障しました

234,000kmを走破し、レースに参加するとき、遠くへサイクリングに行くとき、自転車を積んで移動した車です。
 
シリンダヘッドのシールが切れて、オーバーヒートしたようです。エンジンが逝ったら新車を買う覚悟をしていましたので、そのときが来たようです。
posted by ピカリ入道 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2006年10月18日

蒜山高原旅行(2)

■上蒜山登山

2日めは歩きです。
posted by ピカリ入道 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2006年08月07日

信州家族旅行2日め

■八方尾根を登りました

スキーでは何度か来たことがありますが、夏に八方尾根を登るのは初めてです。車をゴンドラ「アダム」の乗り場近くに駐車しました。平日なのに満車状態には驚きました。
 
アダムとクワッドリフト 2本を乗り継ぎ、八方池山荘まで一気に上りました。黒菱林道を車で行く方法もあります。
 
八方池山荘からは徒歩で登ります。スニーカー、半袖、半ズボンで充分ですが、山の天候は急変することがありますので、長袖、雨合羽などの備えは必須です。
 
人が多く、前の人にしたがって一列で登るような状況です。幼児からお年寄りまで老若男女で大にぎわいです。ニッコウキスゲ、ワタスゲ、チングルマな ど代表的な高山植物が咲き、雪渓からの涼気を感じながら快適な登山が楽しめました。残念ながら白馬三山は雲の中でしたが、圧倒的な北アルプスの風景を堪能 できました。
 
標高2,060メートルの八方池で弁当を食べ、同じ道を帰りました。
八方尾根の雪渓八方池
八方尾根の花八方尾根のお花畑

■リンク:

posted by ピカリ入道 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2005年10月30日

竹田散策

■岡城址から竹田市内を散策しました

用事で大分市の知人を訪ねたついでに竹田市まで足を延ばしました。今回は車と歩きです。
 
岡城は瀧廉太郎の「荒城の月」で有名ですが、景色も雰囲気も好きです。
 
前回来たときはあいにくの雨でしたが、今回は晴天に恵まれ、久住山がはっきり見えました。
岡城址岡城址から久住山を望む
十六羅漢(竹田市)
posted by ピカリ入道 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント