2007年11月04日

第2回吉備路ウォーキング大会

■吉備路を20km歩きました

まなびピア岡山の一環で開催された「第2回吉備路ウォーキング大会20kmコース」に家族で参加しました。

JR足守駅→血吸川→奥坂→鬼城山ビジターセンター→鬼城西門→鬼城南門→鬼城東門→鬼城北門→鬼城山ビジターセンター→砂川公園→JR服部駅→金龍寺→備中国分寺→おもてなしの館(20km)

8時過ぎに足守駅で受け付けをしました。あらかじめ参加費を払っていた人には、ゴールでの大鍋食事券、バッチ、方位磁石、地図、スポーツドリンク 500mlなどが渡されました。当日参加の人は無料ですが、何も出ません。それにしても参加者は年輩の人ばかり、子供はうちの4人だけです。20kmコー スに中学生が参加したのは初めてだそうです。# といっても開催2回目だよ。

9時ちょうど、足守駅を出発、はっ、速い、歩くのが。普通に歩いていたのでは、どんどん抜かれます。こんなペースで20km行くのか。う〜む、ちょっとやばいぞ。先頭と最後尾に係員がついて、その間を参加者が歩く集団歩行です。

奥坂から上り坂が始まります。さすがに歩く速度が落ちて、我々若人はホッと一息つけました。
鬼城山ビジターセンターに到着したのは11時頃。おなかが減ったなぁ。鬼城山を左回りに進みます。いつお昼ご飯なんだ?

ご飯を食べて12時15分頃、砂川公園へ出発しました。鬼城山から砂川公園までは道幅が細いので、車が来ると避けないといけません。この時期、結構車が多いです。さぞや迷惑だろうなぁ。

砂川公園で休憩かという期待ははかなく崩れ、ゴール目指して黙々と歩きます。本当に年輩の人は強いねぇと感心しました。ずっと若い子供たちも元気。中間の40代が一番ダメか。自転車の筋肉は歩くのには役に立たないと分かりました。

午後3時ちょうどにゴールに到着しました。きび大鍋を食べ、安富牧場のソフトクリームを食べホッと一息つきました。

歩くのはもうこりごりだの一日でした。足が痛いけど、気持ちよかったからまぁいいか。

血吸川を進む鬼城山から血吸川方面
東門と北門の間備中国分寺
posted by ピカリ入道 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9748138

この記事へのトラックバック