2008年05月06日

森林浴

■県立森林公園から日本海が見えました

GW最後の日、家族4人で岡山県立森林公園へ行きました。管理事務所で地図をもらい、ミズバショウが咲いていると聞いていたので、水辺を中心に奥に歩いていき、熊押し滝へ向かいました。歩き始めたのが10時半を回っていたので、ぶなの平、奥ぶなの平を通る辺りで11時半、子供たちが「弁当、弁当」のかけ声。すずのこ平が眺望がよいと地図に書いてあったので、そこまでがまんしました。

すずのこ平は評判通り眺望が開け、大山と日本海が見えました。また海岸近くに並ぶ風力発電の風車がはっきり見えました。苦労して登ってきた甲斐がありました。お弁当をおいしくいただきました。

すずのこ平からは尾根伝いに下ったり登ったりを繰り返しながら、もみじ平、
千軒平と進みます。高い樹木が切れたところから南北に展望が開けます。ウグイスの声が響きます。うまい声、へたな声が入り交じります。うまい声には「座布団1枚」、へたな声には「いまいち」と叫びます。適度に木々の日陰があって、涼しい風が吹き、快適に歩けました。

GWとあってか、多くの人とすれ違いました。若い人よりも年輩のカップルが多いですねぇ。家族連れは尾根筋のコースは少ないようです。上り下りが繰り返すので、小学校前の小さい子供は無理かな。

千軒平を過ぎたところから尾根を離れ、もみじ滝へ下りました。最後は広い道に沿って管理棟へ戻っていくと、ミズバショウが群生している場所がありました。白い花がちょうど見頃でラッキーでした。

熊押し滝ぶなの平ずずのこ平から尾根筋の道千軒平もみじ滝ミズバショウ
posted by ピカリ入道 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14690679

この記事へのトラックバック