2009年12月31日

Polar S710修理

■ずいぶん外観が変わってしまいました

ちょっと前ですが、Polar S710をポラールサービスセンターに修理依頼しました。

カバーガラスにひびが入り、ケイデンスやトリップが見えなくて困っていました。またベルトの穴が破れていました。ロードバイクで走るときは必需品なので、今シーズンの行事が一通り終わるまで待っていました。

12/7の夜にコンビニから宅配便で発送し、ポラールサービスセンターから見積のメールがあったのが 12/10、修理品が自宅に届いたのが 12/15です。見積に対する私の返事が2日遅れたので、実質的には 1週間かかっていません。意外と早かったです。

参考までに費用は次のとおりです。
  • カバーガラスの交換 9,450円
  • ベルトの交換 2,940円
  • 電池交換 無償サービス(電池交換は依頼していませんでしたが、無償で交換してくれました)
  • 代引手数料 無料
合計 12,390円でした。

カバーガラスは今回で 2回目の交換です。オリジナルの S710とは外観が大きく変わってしまいました。カバーはピカピカになったし、ベルトはグレーになりました。

Polar S710
posted by ピカリ入道 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2009年12月13日

Windows7でMFC-610CLNを使う

■プリンタドライバをインストールする

うちのMFC-610CLNはネットワークで接続しています。詳しい操作を忘れてしまいましたが、おおよそ次の手順でプリンタドライバを正常にインストールできました。
メーカーサイトからプログラムをダウンロードする必要はありません。また古いOS用のCD-ROMは使いません。
  1. 管理者ユーザでログイン
  2. スタート--デバイスとプリンタ
  3. [プリンタの追加]
  4. ->ネットワーク、ワイヤレスまたはBluetoothプリンタを追加します
  5. WindowsUpdateして、「MFC-610CLN USB」を選択する
  6. ポートをチェックして、プリンタ名を「MFC-610CLN LAN」と変更する
こんな感じでうまく行ってます。

■スキャンドライバとユーティリティをインストールする

年賀状を作る時期が近づいていますので、何とかスキャナの機能を動かさないと困るなぁ。
以前やってうまく行かなかったので、もう一度チャレンジしてみました。
  1. ブラザーのサイトからMFC-610CLN Windows Vista用の「フルパッケージダウンロード【推奨】」のファイルをダウンロードします
  2. 「Setup.exe」を実行して、ファイルを展開します。
  3. 展開したファイルの「Setup610CLN\Jpn\Setup.exe」を右クリックしてプロパティを開きます。
  4. 「互換性」タブを開き、互換性モードを「Windows Vista (SP2)」に設定します。
  5. 「Setup610CLN\Jpn\Setup.exe」を実行します。
  6. ◎ネットワーク接続 □カスタム をチェックして、[次へ>]をクリックします。
  7. □ネットワークスキャナドライバ □ControlCenter3 をチェックして、[次へ>]をクリックします。
  8. 以下省略
これでうまく動いています。

ご自分の責任でやってください。うまく行かなかったらごめんなさい。
posted by ピカリ入道 at 20:40| Comment(2) | TrackBack(0) | コンピュータ