2009年10月12日

天満屋ハピータウンカップサイクル耐久レース

■2人で6時間

ちょっとしたアクシデントで、6時間チームオープンを 2人で走ることになりました。昨年(2008年)は息子と 2人で 3時間走りましたが、息が整う間もなく自分の番が回ってくるので、すご〜くしんどかった記憶があります。今年はそれが 6時間も続くのです。

6時過ぎにサーキットの駐車場に到着しました。荷物はリュックサックとクーラーボックスと自転車の 3つにまとめて、一度に運びます。荷物を取りに何往復もすると陸橋の渋滞に巻き込まれて、7時からの試走ができなくなるおそれがあります。ピットはすでに場所取りされていて、空いているところはありませんでした。今回はBパドックにタープを張るつもりだったのであわてることはありません。シートを敷いて場所取りしました。

7時から受付となっていましたが、6:50頃から受け付けてくれました。早めに受付をすませて、試走を開始、ウオーミングアップを兼ねて、5周ほど走りました。アームウォーマとタイツ、ジャージにTシャツを重ね着して走りましたが、肌寒いくらいでした。

10時スタートから、初回 3周、2回目から 5周と連続周回数を増やして、2時間、3時間がゴールするピット封鎖をうまくやり過ごし(この辺りは手慣れたもの)、3時間目に突入した頃から 2人の脚にトラブルが発生し、3時間以降失速してしまいました。やはり 2人で 6時間は長かった。

■めっちゃ疲れたよお

ハピータウンカップは参加 3回ですが、今までで一番疲れた、疲れ切ったレースでした。ソロで 6時間走り続け、しかも僕らよりも速く走る人たちはホントすごいなあと感心するばかりです。当分レーススピードで走るのはよして、ゆっくりに徹したいと思います。はぁ〜、疲れたぁ。
posted by ピカリ入道 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車