2009年05月17日

ツール・ド・大山 2009

■ツール・ド・大山 2009 に行ってきました

今年もやって来ました、ツール・ド・大山。今日の大山は、風が荒れ狂い、横殴りの雨が叩きつけ、道路には木の葉と小枝の絨毯が敷き詰められ、とても自転車で走れる状態ではありませんでした。

ん、それなのに私たちはなぜホワイトパレスにいるのでしょう。そう、誰も主催者のホームページの中止の連絡を見ていなかったからです(涙)。おかしいとは思ったのです。途中のパーキングエリアやサービスエリアに自転車を積んだ車が見当たらなかったので。

ホワイトパレスの食堂で、スタッフの皆さんと、前泊されていた参加者の皆さんと、うずたかく積まれたどら焼きとバナナの山を前に、暖かい豚汁をすすりました。うれしくも哀しい豚汁の味を噛みしめ、換気扇を逆転させて吹き込む暴風の音と、窓ガラスを叩く雨の音を聞きながら「来年も来るぞ」と思いました。

 どら焼きとバナナ
posted by ピカリ入道 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車