2009年03月29日

のんびりとポタリングのつもりが

■しまなみ海道夫婦ライド(2日目)

宿に車と自転車を置いたまま、徒歩で大山祇(おおやまずみ)神社にお詣りしました。大きな石の鳥居をくぐると、楠の巨木が迎えてくれます。桜の花はまだ咲き初めですが、満開になると見事でしょう。

昨日はちょっとハードなサイクリングになったので、今日はのんびりとポタリングにしました。道の駅「多々羅しまなみ公園」に車をデポして、北に向かいます。

多々羅大橋はしまなみ海道の橋の中でも指折りの美しさです。多々羅大橋には橋梁を吊る2本の塔がありますが、塔の下では「鳴き龍」という現象が体験できます。車で渡る人は体験できないものなので、是非自転車を停めて体験してください。

生口島を時計回りに周回しました。まず平山郁夫美術館耕三寺に立ち寄りました。平山郁夫画伯の風景画は大好きです。殊に京都や奈良の風景がいいです。耕三寺は開祖の母を想う気持ちは分かりますが、日光東照宮、石山寺多宝塔、法隆寺夢殿などの模倣は好きになれません。お昼を日本料理「まきの」で海鮮丼と鯛飯を食べましたが、ゆっくりと会席料理を食べてみたいと思わせるおいしいものでした。

時間がなくて因島に渡るのを断念し、南海岸を快調に走ります。大島と違って生口島は海岸線が真っ平らで助かりました。あまりに快調だったので生口島南IC近くの「シトラスパーク瀬戸田」に立ち寄ってみようと思ったのが、昨日に続いての運の尽きでした。国道からシトラスパークまでの道が、いったん上ってから下るという自転車にとって意地悪な道でした。「おそらくパークからそのまま国道へ下る道があるよ。着いたら係員に聞いてみよう」ととにかく進むことにしました。

シトラスパーク瀬戸田に着いてみると、来場者がそこそこいるのに係員の姿が全く見えません。柑橘類を栽培している「シトラスパビリオン」ではボタンを押すと音声ガイドが流れるだけ、香りを体験できる「香りの館」ではボタンを押すとノズルから香りが漂うだけ、「インフォメーションセンター」にはポスターとパンフレットが置いてあるだけ、レストラン「食の館」は閉鎖。何じゃこりゃ‘パラダイス’じゃないか。幸い駐車場側の売店に人がいて直接下る道の存在を聞くことができてホッとしました。今日もまた妻の不興を買ってしまいました。

多々羅大橋を再び渡り、道の駅「多々羅しまなみ公園」に戻ってくるともう午後5時前になっていました。閉店間際にあわてておみやげを買いました。大三島ICから西瀬戸尾道ICまで走って高速料金上限1,000円の恩恵に与り、山陽自動車道の渋滞にかかる手前の倉敷ICで降りて帰りました。久しぶりにゆったりした休日を過ごすことができました。

大山祇神社の石の大きな鳥居多々羅大橋を渡って生口島へ


より大きな地図で 大三島〜生口島〜大三島 を表示
posted by ピカリ入道 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2009年03月28日

子供たちがキャンプに行ったので

■しまなみ海道夫婦ライド(1日目)

子供がいないのと、高速道路が最高1,000円になったので、夫婦でしまなみ海道にやってきました。この時期、天気がよいときは自転車で走るのが爽快ですから、車にロードバイクを2台積みました。どこかに車を停めてぐるりとポタリングしようという目論見です。

福山西ICで山陽道を降り、JR尾道駅へ行きました。サイクリングチケットの購入とサイクリングマップを入手するためです。サイクリングチケットは50円券×10枚綴りで、橋の通行料を支払うときに便利です。表紙は記念になります。サイクリングマップは島の名所・観光地を調べるのに使います。

道の駅「多々羅しまなみ公園」に車をデポして、自転車に乗り換えました。大三島橋を渡って、伯方島を通り、伯方・大島大橋を渡って大島へ。大島では村上水軍博物館に立ち寄りました。村上水軍は「海賊の親玉」を思っていたのですが、戦国時代の武将だったんですねぇ。認識を改めました。

往復するのはいやと、村上水軍博物館から南の海岸線へ出たのが運の尽きでした。「海岸線=平ら」ではないことに気づいたのはだいぶ走ってから。近距離だろうと軽く考えたのが失敗、延々アップダウンが続きました。妻がギブアップしたので、途中から国道317号線に戻りました。妻にとっては、「アップダウンのしんどさ>よい景色」だったようです。

大島のアップダウンのせいで時間切れ、来島海峡大橋の上でUターンを決断するはめに。陸地は踏めませんでしたが、四国上空まで来たのでよしとするか。最短距離で大三島に戻りました。

宿は大三島の大山祇(おおやまずみ)神社の近くの旅館に取りました。料理は魚魚魚で満足しました。
この日の走行距離は65km。妻にとっては最長走行距離の更新でした。

伯方・大島大橋を渡って大島へ大島の南海岸沿いはアップダウンの繰り返し来島海峡大橋へ自転車道を上る来島海峡大橋を渡って四国へ


大きな地図で見る

■リンク

posted by ピカリ入道 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車